ラクトフェリンで貧血解消

ラクトフェリンという物質は、タンパク質の一種で乳製品に多く含まれています。
そして、このラクトフェリンでよく知られている作用は、鉄結合作用です。ラクトフェリンは、赤いタンパク質とも呼ばれています。何故ならば、鉄と結合して赤い色をしているためです。これほど強い鉄結合作用を有するため、ラクトフェリンを摂取すると、体内の轍を吸収し、貧血の予防や改善に効果があります。

 

一般的に貧血というと、鉄欠乏性貧血のことを言います。これはどのような病気かといいますと、体内の鉄分が不足することで、体中に酸素を運ぶ役割を有するヘモグロビンが減少してしまうため、めまいや息切れ、それに疲れやすいといった症状を引き起こす病気です。鉄分が不足した場合には、食べ物で補おうとしても中々効率的にはいきません。

 

そこで活用したいのが、ラクトフェリンの鉄吸収作用です。これはどのような作用かといいますと、体内の鉄分を吸収して、鉄分が不足している細胞にその鉄を運ぶ作用のことです。また、ラクトフェリンは、体内の鉄分が不足していると、腸から鉄分を吸収しようとします。更に、食べ物から鉄分を吸収する際に、その吸収をサポートします。こうして、鉄分を吸収して、鉄分が不足しているところへ運ぶことによって、貧血症状を解消することが出来るのです。