ラクトフェリンのガン研究

ラクトフェリンとは、ほ乳類の母乳に含まれるタンパク質で、鉄(Fe)と非常に高い親和性を有します。ヒトの場合、出産直後2〜3日以内の母乳に多く含まれており、生後まもない赤ちゃんは、母乳を飲んでラクトフェリンを体内に取り込むことで、外部の細菌やウイルス等から体を守っていると言われています。

 

このラクトフェリンには、抗菌作用、抗ウイルス作用、免疫調整作用など、様々な効能があります。多くの細菌は、その生育に鉄を必要としますが、その鉄を奪い取ることで非常に高い抗菌性を示します。特に、ピロリ菌、歯周病菌などの抑制効果があります。

 

抗ウイルス作用としては、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスの抑制効果などがあります。免疫調整作用とは、人間の免疫力を高める機能であり、これによって感染症を未然に防ぐ力が高まります。

 

さらに、ラクトフェリンは、ガン予防や転移抑制にも効果があることが、研究の結果わかってきました。マウスへのラクトフェリンの経口投与によって、発ガンや腫瘍の転移を抑制する効果が報告されています。

 

ラクトフェリンは、ガン細胞をアポトーシス(細胞の死)に誘導する効果や、ガン細胞の血管新生を阻害し、栄養や酸素の供給を遮断して増殖を防ぐ効果などがあります。