ラクトフェリンで免疫力アップ

ラクトフェリンとは、母乳や牛乳に微量含まれているタンパク質の一種で、特に出産後の初乳に多く含まれています。また、粘液の分泌物、唾液腺、前立腺及び白血球がある特定の免疫組織などにも存在しています。

 

ラクトフェリンは様々な細菌に対し強力な抗菌作用をしますので、消化性潰瘍の原因となるピロリ菌を除去する作用や、C型肝炎の感染と増殖を防ぐ効果があります。
ラクトフェリンは、微生物などが生きるため必要とされる鉄イオンを奪って微生物の成長を抑制し、死滅させる特徴を持っています。

 

また、がんや成人病の原因となる活性酸素の働きを抑制するなどの効果もあります。
様々な免疫細胞と結合して免疫力を高め、免疫分泌器官の強化に効果が高く、細菌の増殖抑制力も優れていますので、大腸癌の発生を抑制したり免疫細胞を活性化させ、免疫力を増加させます。

 

しかし、ラクトフェリンにこのような優れた殺菌作用があるにもかかわらず、ラクトバチルスやビフィズス菌などの、人体に有用な細菌には抗菌作用を起こさないことが報告されています。
このような特性のタンパク質であるラクトフェリンは、細菌やウイルスの感染から免疫の未熟な赤ちゃんを守るため役立ちます。