ラクトフェリンの効果効用

ラクトフェリンとは、動物のお乳に含まれているたんぱく質の一種で、
摂取することで様々な健康効果を得られることができます。

 

人間や哺乳類が生まれてすぐにお母さんから与えられる初乳には、
免疫力を高める作用がありますが、その作用を発揮する要因のひとつがラクトフェリンなのです。

 

ラクトフェリンはウイルスに接着する性質があり、その結果感染をさけることができます。
胃がんや胃潰瘍の原因であるピロリ菌に対してもウイルスと同様に接着し、
体の外へと排出する効果があります。

 

ラクトフェリンを利用することで得られる具体的な効果としては、

  • 風邪をひきにくくなる
  • 水虫やワキガを改善する
  • 胃腸の調子を整える
  • 口内炎を改善する
  • 抗がん剤の副作用を抑え改善する
などがあります。

 

大人の場合、新生児のように初乳を飲むことはできませんが、
チーズやヨーグルトなどの乳製品を食べることで摂取することができます。
毎日乳製品を摂取することが大変な場合は、サプリメントとして一般的に販売されているため、
手軽に取り入れることが可能です。

 

ラクトフェリンを摂取する時の注意事項としては、乳由来の成分ですので、
牛乳やチーズなどの乳製品にアレルギーを持っている方は避けるようにしましょう。