ラクトフェリンと腸内フローラ

人間や動物の腸内にはさまざまな菌が住んでおり、その菌がまるでお花畑のように腸に生息している様子から腸内フローラと呼ばれています。

 

そこに住む菌は、大きく二つに分けられます。菌が住む腸の持ち主である人間や動物にとって有益な善玉菌と、有害な悪玉菌です。善玉菌と悪玉菌は、腸内フローラで自分たちが生息する面積を増やそうと、日々勢力争いをしています。

 

ビフィズス菌や乳酸菌に代表される善玉菌が優勢であれば、免疫力が上がり感染症を予防したり消化吸収や腸の動きが促進されます。ウェルシュ菌や大腸菌に代表される悪玉菌が優勢になると、腸内で腐敗が起こり体調不良や悪臭の原因になったり発がん性物質が生成されます。

 

そこで、腸内フローラを善玉菌優勢にする作用があるとして注目されているのがラクトフェリンです。強い抗菌力を持つラクトフェリンは、母乳に多く含まれています。授乳を通してラクトフェリンを摂取することによって免疫力が未熟な新生児はさまざまな細菌から身を守っていると考えられています。ラクトフェリンを摂取することによって、その抗菌力は腸内フローラも影響を及ぼします。

 

しかし、ラクトフェリンは善玉菌に対してはその抗菌力は作用せず、悪玉菌に対してのみその抗菌力を発揮します。善玉菌に対しては、むしろ増殖を促してくれると考えられています。