ラクトフェリンと乳酸菌の違い

腸の表面は、数多く種類の腸内細菌で埋め尽くされています。このうち、人体にとって有益な物質を生み出す働きを持っているものを善玉菌、体調を悪くする物質を生み出すものを悪玉菌と読んでいます。

 

健康な人であれば、善玉菌が占める割合が多いのですが、ストレスや食生活の乱れなどで腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌の割合が増えてくると体調がおかしくなってきます。ニキビや吹き出物のような皮膚障害や頭痛、イライラ感なども起きます。

 

そこで、腸内環境をよくするサプリメントが人気になっています。その中で最近話題になっているのがラクトフェリンです。

 

腸内環境を整えるものとして、乳酸菌がよく知られているため、ラクトフェリンも乳酸菌の仲間だと思われるかもしれませんが、違います。

 

ラクトフェリンは、母乳や哺乳動物の乳に多く含まれている、鉄と結合する性質を持った糖たんぱく質です。この物質そのものには腸内環境を変える力はありませんが、善玉菌のエサとなって、善玉菌の増殖を促し、乱れた腸内細菌のバランスを整えます。

 

ラクトフェリンには他にも体によい作用があります。たとえば、免疫活性化作用、貧血の予防・改善、老化防止などがあります。この点は乳酸菌とは違うところで、いろいろな働きによって体調を改善してくれます。