ラクトフェリンは母乳パワー

ラクトフェリンという言葉はラクト(乳)とフェリン(鉄を結合するタンパク質)を結合した作られた言葉で、ラクトトランスフェリンとも呼ばれます。鉄を結合する力が強く、微生物の生育を抑制するする性質があるタンパク質です。ラクトフェリンは哺乳動物の乳に多く含まれていて、ヒトの場合は、産後数日間の初乳に最も多く含まれています。

 

母乳だけでなく、唾液や血液、涙などにも含まれていて外部から侵入する細菌やウィルスからからの攻撃を防ぐ効果があると考えられています。

 

動物よりもヒトの母乳のラクトフェリン含量が多く、赤ちゃんが母乳だけで健康に過ごせるのは、ラクトフェリンのパワーによるものです。ラクトフェリンは発見以来、様々な研究が重ねられ、人体に対しての良い影響が多いことが知られるようになってきました。

 

抗菌・抗ウィルス活性により、ノロウィルスを防ぎ、歯周病菌を抑制する効果があり、免疫調節作用により、ガンの予防にも役立ちます。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることも知られています。最近では内臓脂肪を減少させる働きもあることが知られてきています。

 

ラクトフェリンを摂るためには、牛乳を飲むことだけでは効果がなく、ナチュラルチーズや含有していることを明記している食品、またはサプリメントで摂取することが効果的です。