歯周病にラクトフェリン

口腔内から出される唾液は口の中の様々な菌に対して効果のあるものとなりますので、虫歯や歯周病を防ぐ効果を持っています。唾液に含まれる殺菌成分のほとんどはラクトフェリンとなっていますので、ラクトフェリンを摂取することで口腔内のトラブルを防ぐことが可能となるのです。

 

歯周病菌は口の中の鉄分との結びつきが強いという特徴がありますが、ラクトフェリンは鉄分と結合しやすい特性を持っています。ですから病原菌の餌となる鉄分を減らすことができるため、一定の効果を発揮することができるのです。

 

歯周病は生活習慣病とも言われるほど生活習慣によって引き起こされる病気ですが、正しく歯磨きをしても病原菌を完全に抑えることは困難となります。ですから歯磨き以外の方法によって効率よく予防と改善をしていく必要があるのです。そのためには病原菌の餌となる成分を無くすことが必要ですから、鉄分をと結合しやすいラクトフェリンを摂取することが効果的なのです。

 

ラクトフェリンを摂取するにはサプリメントや栄養補助食品を利用することが効果的ですが、口の中のトラブルには直接働きかける必要があります。最近ではラクトフェリンを含んだガムが販売されていますので、歯周病予防にも利用できるのです。