ピロリ菌に対する働き

ピロリ菌とは、胃の中に常駐していて胃痛の原因になるものです。pH1〜2という強い酸性の胃酸の中に生息する細菌であり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎、胃がんといった病気の原因になることがあります。

 

ピロリ菌を除去するのに活躍するのが、ラクトフェリンです。ラクトフェリンを体内に取り込むと減少させることができます。ラクトフェリンには強い殺菌力がありますので、続けて摂取すれば日常的な胃痛からも開放されます。なぜ胃関連の病気に有効なのかというと、胃の内部でピロリ菌を包み込んで体の外に排出することができるためです。

 

胃がんの罹患率は最近では減少傾向にありますが、それでも怖い病気であることは確かです。ピロリ菌は自然に消えることがありませんので、ラクトフェリンのような排出できるものを利用して積極的に体外に出さなければなりません。胃酸には強いものですが、乳酸菌の出す乳酸には弱いという性質を持っています。そのため、ラクトフェリンの力を借りて乳酸菌を増やしながら、同時に乳酸菌の働きを高めることで、効果的に抑制することができます。病院で除菌を行う際にも、ラクトフェリンを摂取するとより高い効果が得られると言われています。