ラクトフェリン受容体とは

健康と美容に深く関係することが近年の研究で明らかになり、注目されているラクトフェリン。ラクトフェリンとは糖タンパクというタンパク質の一種です。動物の乳汁(特に初乳)に多く含まれていることから、牛乳の赤いタンパク質とも言われています。ラクトフェリンは乳汁以外にも涙液、唾液、膵液などの外分泌液にも含まれています。

 

ウィルスの殺菌効果や大腸、肺がんの予防や転移の抑制、整腸作用、水虫やワキガに抑制と改善、口内炎の改善、分泌物の悪臭の抑制などなど、その効果は多様でいかに重要な栄養素であるかはこれだけでも一目瞭然です。

 

ラクトフェリンは主に腸にあるラクトフェリン受容体で吸収されます。ラクトフェリンは熱や消化酵素に弱く、せっかく摂取しても胃腸の酵素で分解されてしまい、しっかりと腸のラクトフェリン受容体まで届かないことになります。それに市販の乳製品は熱処理をされているためラクトフェリンの働きは失われています。たとえ新鮮な生乳を摂取するにしても毎日1リットル以上飲み続ける必要があります。

 

そこで効率よく腸に届きラクトフェリン受容体に効果的に吸収してもらうために、腸で溶ける腸溶性のサプリメントでラクトフェリンを摂取することをお勧めします。