胃で分解された場合

悪玉菌を抑え善玉菌を増やすことで整腸作用などの様々な健康に対する効果や美容にも良い働きをすると言われているラクトフェリンは、生乳やナチュラルチーズといった乳製品に含まれていることが多いです。

 

しかし、ラクトフェリンは胃酸や消化酵素に弱く、食べ物から摂取しても胃で分解をされてしまい、腸まで届くことができず本来の働きを発揮できません。

 

また熱や酸に弱いラクトフェリンは、高温で加工された牛乳やヨーグルトなどに入っていても働きが弱く効果が思ったより期待できないのです。

 

しかし、腸溶性のラクトフェリンであれば、本来の働きが期待でき、胃ではなく腸で溶けるように作られているので分解されずキチンと腸まで届くことができます。

 

上手に摂取するには、サプリメントですとラクトフェリンを効率よく摂取できます。
多くのサプリメントは、特殊コーティングされているため分解されず腸までしっかり届くようになっています。

 

食品で摂取したいというのであれば、ヨーグルトなどに「ラクトフェリン入り」などといった表示がされているものを選ぶようにしましょう。

 

ダイエットにも美肌にも良いと言われているので、1日の目安量をしっかりと守って健康で元気に過ごしていきましょう。