ラクトフェリンの主な働き

ラクトフェリンは鉄結合性たんぱく質の一種で、人間の外分泌液にも含まれている安全性の高い成分です。主なラクトフェリンの働きとしては免疫力の調整作用が挙げられ、身体の免疫力を高める事によりガンの予防やウイルス性の感染症を防ぐのに有用な効果が期待できます。

 

特に感染のリスクが高く、予防手段の少ないノロウイルスやインフルエンザウイルスに対抗できる点が優れている部分であると言え、例え感染・発症してしまっても予め摂取していた場合は症状を軽く抑えられる傾向があります。

 

また、日常的に健康を維持する効果として、腸内の細菌バランスを調整したり鉄分の吸収力を調節して鉄欠乏性貧血を防ぐ作用があるほか、炎症の改善や脂質代謝を高める効力も持ち合わせています。

 

このように複数の働きを同時に期待できるラクトフェリンですが、熱や酸性に弱い性質がある事から効率的に摂取するにはコツが必要となります。

 

一般的な食生活においてはチーズやヨーグルトといった乳製品食材から摂取を可能としますが、含まれている量が少ないだけでなく調理や胃で消化される過程において多くが分解されてしまうため、サプリメントなどの加工を通して成分を保護する手法が最も有効な摂取手段であると言われています。